早漏治療で池袋のクリニックを選択した理由

自分自身も満足感を得ることができました

クリニックのカウンセリングでは、池袋の病院の中で可能な早漏治療について一つずつ分かりやすい説明が行われましたが、状態を伝えることで外科手術をせずに医薬品の処方で治療ができるなど最初は手術をするのが何となく恐ろしく感じていたので、このような早漏治療があることを知り安心しました。
ネットで早漏治療のことを調べていたときには、男性器に薬剤を注入する方法がメスを使って刺激が当たるような場所を切除するなど、とても自分にはできないような方法が多くありましたので、処方薬の存在はとても安心に繋がるものだったのです。
その処方薬はクリニックにより異なるようですが、池袋の病院には2種類が用意されていて自分の状態に最も適したものを処方して貰うことができました。
ちなみに、薬剤名は早漏症治療薬として認可されていないもので、口外することはできないのですが性機能障害に精通していない医療機関による安易な処方を避けるとても大切な目的もあるようです。
早漏治療に使う医薬品は、性行為の2時間前に服用する形になるもので挿入後に射精までの時間は6.3倍までの効果があったなどの報告もあり、実際に利用してみると6.3倍までにはなりませんでしたがパートナーの情勢を満足させることができるようになりましたし、自分自身も満足感を得ることができました。

こんばんは
しごおわだけは早漏でありたい。

御開帳ぽんちょです!

— 御開帳ぽんちょ🍄ょちんぽ帳開御 (@poncho_pol) October 18, 2021

挿入してから射精までの時間が数分程度 : 金額は安くない : 自分自身も満足感を得ることができました